素敵な暮らしを得よう憧れの癒しの空間が家族を休める

日曜大工を知る

DIYってなんだろう

DIYと聞いても、パッとそれが何か思い浮かべることが出来ないかもしれません。 日本語にすると、日曜大工。 自分で作れる家具を、お休みの日にお父さんが庭で作っているアレです。 今は一人暮らしの人たちが小さな一人用の家具を作ってみたり、家族のニーズに合ったものを作ってみたりなど、DIYに挑戦するためのハウツー本が多く発行されています。 のこぎりのような本格的な工具を使用するものから、組み立てとアレンジだけをするものなどがありますが、現在はお手軽に出来るDIYに人気が集まっています。 百円ショップのアイテムを駆使し、ハンドメイドの飾り棚や空き缶の植木鉢など家具に限らず小物の作製まで幅広くDIYとして馴染まれています。

お気に入りの棚を作ってみよう

入門編として、挑戦されることが多いのが飾り棚です。 簡単で、必要な材料もすぐに手に入れられることがその人気の理由です。 材料はホームセンターや百円ショップで購入できますが、家の中にある使わなくなった本棚などの板などでも良いでしょう。 お勧めはホームセンターで、必要な大きさに合わせて板を切ってくれます。 材料の寸法に沿って切ってくれるので、お気に入りの塗料を塗るもよし、後は組み立て釘を打ち、設置すると棚の完成です。 DIYの良いところは、自分に合ったお気に入りの大きさのものが作れるということです。 デザインも難しく無い物であればある程度作れますし、本を参考にするならもっと簡単に作れます。 あとは根気と努力と時間です。 完成した時の嬉しさは感慨深いものがありますので、一度挑戦してみませんか。

» ページのトップへ戻る